大人ニキビで慌てる前にニキビケアで重要な洗顔方法とは?

ノンエー


いい歳してニキビなんかできてしまったら、思わず「ハァ~」ってため息が出ちゃいませんか?

俗にいう大人ニキビってちょっと嫌なものですよね。

大人ニキビができてしまう原因とは?

思春期にニキビが出来てしまうのは、皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴がつまってしまうことが原因でおこります。

これに対して、俗にいう大人ニキビは肌の新陳代謝が悪くなってしまうことで、古い角質が毛穴をふさいでしまい、ニキビになってしまいます。


肌の新陳代謝が悪くなってしまう理由は?

  • 加齢
  • 食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 便秘
  • タバコによる血行不良
  • 過度なダイエット
  • 肌の乾燥

等があげられます。(まだ他にもいっぱいあるようですが・・・)

ですので、この嫌な大人ニキビを治すには・・・

人それぞれ、日常生活の中で気をつけなきゃいけないことは、気を付けましょう!


・・・・ なんて、これで終わってしまったら、さすがに無責任ですよね!

そこで、誰もが注意できる洗顔について話したいと思います。

大人ニキビ予防のための洗顔方法とは?

大人ニキビ


間違った洗顔方法で余分な皮脂や汚れを顔に残したままでは、洗顔後でも毛穴は汚くニキビが出来やすい状態です。

これでは、どんなに洗顔しようとニキビ対策になっていません。

正しい洗顔方法をおこなっていれば、必ず肌は変わりニキビ対策につながります。

    ニキビ対策の正しい洗顔方法

  1. 洗顔はぬるま湯で行うのが良いです。まず最初に手を洗いましょう。
  2. 化粧をしている場合はクレンジング剤を使って、肌についている下地やファンデーションを拭き取ります。
    その際は、保湿成分を含ませたコットンを使うのが良いです。乾いたティッシュは肌を傷つけてしまうので使用はするのはやめましょう。
  3. ぬるま湯で2度ほど顔を洗います。
  4. 固形石鹸を手のひらで泡立てて、顔の上部のおでこから、目の周り、ほっぺた、口の周りへと指で円を書くように優しく撫で洗いします。(必ず固形石鹸は手で泡立ててから使って下さい。)
  5. 顔全体に両手を使って水をかけ、じゃぶじゃぶ泡を洗い流します。 絶対に顔をこすったりしてはいけません。髪の生え際やあごの下の泡も、綺麗に洗い流しましょう。
  6. 洗濯後の未使用のタオルを顔にあて、肌の水分を取ります。その時は、肌をゴシゴシ擦ってはいけません。

洗顔に固形石鹸を使う理由は?

NonA(ノンエー)


洗顔には固形石鹸を使いましょう。

できれば、ニキビ対策用に市販されている固形石鹸を使うのが望ましいです。

洗顔にチューブ入の洗顔料を使わず、固形石鹸を使う理由がたった1つだけあります。

それはズバリ、石鹸に含まれる油分がチューブ入の洗顔料に比べて非常に少なく、洗顔後の肌に余分な油分が残らないためです。

大人ニキビケアで一番大切な事は、ニキビができてからではなく、ニキビを出来にくくする日常生活と洗顔方法が何よりも重要です。

日頃から正しい洗顔を行うことが大人ニキビ改善の第一歩です。

イチオシのニキビ専用固形石鹸はこちら
↓  ↓

トップへ戻る